【終活】母はどこに?

今現在、お墓に入っていない母のお骨、

私の気持ちの中で、母はどこにいるのかと言うと、骨壺の入っているお仏壇ではないんですよね。


実家の母の使っていた部屋のクローゼットなんです。

(スピリチュアルな感じではなくて、私の気持ちの上でということです。)


服、カバン、スカーフ、母の使っていたクローゼットには、まだ母の物がたくさん入ったままです。

葬儀の次の日に、下着や靴下や、もうこの先とっておいても、どうしようもない物は妹と一緒に泣きながら捨てました。


でも、捨てながら、妹と「今はやめよう、今はまだできない」と大泣きになってそのままです。


母の匂いがするから、そこにいる気がする。

匂いのする物はまだ捨てられない。


実家に帰った時には、まず、母のクローゼットに顔を突っ込んで「ただいま」って、しばらく泣いていました。

母のクローゼット

でも、母がいなくなってから3年目の夏、実家に帰った時、母の匂いが消えてしまっていることに気が付きました。


ホコリっぽい、ただの物の匂いになって、ああ、母はこの家にいなくなってしまったんだと思いました。


きっとこの先、父も妹も、私も、これ以上、あの部屋を片付けることはできない。

父一人の生活で家全体がどんどんゴミ屋敷になっていく。


父が実家を手放すと決断する時まで、きっとあの部屋はあのままなんだと思っています。


お母さん、どっかで溜息ついてるんだろうな~。



次回「手元供養という選択」です。

最新記事

すべて表示