【終活】通りすがり

子供と公園に遊びに行った時、

ウォーキングをしている初老の男性とすれ違いました。


初老?初老じゃないか、70歳くらい。

”初老の男性”の次の呼び名が分かりませんが”高齢の男性”と言うのにはまだ若いし”老人””高齢者”というのも悪いような。


ウォーキングしていたので、元気なシニアの印象でした。



通りすがった時に、

ふわっと柔軟剤の香りがしました。


ふと、この人は、きっと家でちゃんと洗濯して干された清潔な服を着ているんだ、と思いました。奥さんが洗ってるのかな、誰がこの柔軟剤を選んでいるのかな。


っっってね、分かんないですよ!!

勝手にね。


その男性が自分できちんと洗っているのかもしれないですし、奥さんじゃないかもしれないしあぁ変な言い方になっちゃた)。私は家事は女性がすべきとは全く思っていないという意味です。


けど、

一人で暮らしている私の父からはしないいい香りでした。

きちんとした生活の匂い。


この人は、ご飯を作ってくれる人がいるのかな。食事をしながら一緒にお喋りする相手がいるのかな。


数カ月に一回、

実家で父の物を洗濯すると、どうしてあげたら良いのか分からない父の日常を垣間見ます。

父の洗濯物

実家で一人で生活している父を思い浮かべながら、公園の男性の後ろ姿を目で追ってしまいました。



次回、

札幌インストラクターガイド体験フェスタお知らせです。

2月に無料ライブ配信に参加します!!

最新記事

すべて表示