【終活】遺書と遺言、エンディングノートのちがい

そもそも、なんでエンディングノートなの?

遺書とは違うの?って思う方もいますよね。


私の夫にも聞かれました。


今日は、「遺書、遺言、エンディングノートの違い」を説明してみますね。


自分の死後に向けて言い残す言葉を一般的に「遺言(ゆいごん)」と言います。正式には”いごん”なのだそうですが、ここでは、ゆいごん、と呼びましょうか。


いろいろ解釈があるようなのですが、


遺言は、紙に書かかれるもの、録音や口頭、メールという方法もありますが、

どのような手段で、どのような内容を残すかは自由です。


遺言は、死の間際に残したものに限りません。遺言を残すのはいつでも構いません。

遺言(ゆいごん)を記載した書面のことを、すべて遺書(いしょ)と呼びます。


遺書には、決まった形式や内容があるわけではありませんが、一般的に”遺書”とは、自分の死後に残される家族や友人、知人に向けて、自分の気持ちを伝える手紙のことを指し、自殺をする人や死期が迫った人が残すものとされていて、法的や何らかの効力があるものではありません。


お父さんが

「兄弟仲良く、お母さんを助けてあげて」

と言い残して亡くなったら、それは遺言であり、それをノートに書き残していれば遺書でもあります。


エンディングノートも遺書のうちの一つです。

法的な効力はなく、自分の死後(自分のエンディング)に向けて自分の情報や気持ち、希望を書き綴ったノートのことをいいます。


これらの遺言、遺書、エンディングノートに対して「遺言書(ゆいごんしょ)」とは、法律のルールに従った方式で、自身の財産に関係する内容を残したもので、法的な効力のあるもののことを指します。


ここまでが、遺言、遺書、エンディングノート、遺言書の違いなのですが、

私が、なんでエンディングノートをおすすめしているかいうと。


エンディングノートも遺書の一種ですから「遺書でいいじゃない」って言われたら、否定はしませんが。


もし私が、

「遺書を書いてみよう!!~何から?いつから?終活の第一歩~」って講座を開いたら?

今から遺書を書きましょう

。。なんか

。。。すごく重い、暗い。


遺書は、やっぱり、死期が迫った最後の言葉とか自殺の理由、の意味合いが大きくて死のインパクトが強いですよね。


エンディングノートが、遺書と違うのはどちらかというと、前向きに!自分の今の気持ちを整理して、これからの人生を活き活きと生きるためのツールだと、私は思っています。


私は”死”を意識せずに終活をしてほしい!

(矛盾してますけどね)


そりゃあ、人はいつかは死ぬんですけど死ぬんだ、死ぬんだ、と思って終活をしてほしくはないんですよ、私は。


一般的なエンディングノートを書き上げるのには、少し時間がかかります。

・名前

・持ってる銀行口座

・入っている保険

・年金番号

・家系図

・お葬式に呼んでほしい人

・大切な人に伝えたいこと

・お棺に入れてほしい物

・介護、治療の希望

・お葬式の希望

・お墓の希望 などなど、一部ですが


こんなことを書きながら、ゆっくり自分の人生を振り返り、これからどうしたいかを考える。

”遺書”書いて、さよならじゃなくて。自分の人生と、これからに向き合う時間、それがエンディングノートかな、と思っています。



次回は、私がエンディングノートを書けなかったエピソードには続きがありまして、

私がエンディングノートを書いた日③

最新記事

すべて表示