嫌いな家事しかない

札幌で整理収納&終活アドバイザーとして活動している

島田美知子です。


整理収納アドバイザーと言うと、とってもしっかり家のことをできている人を想像するかもしれませんが、

すみません、私、家事が嫌いです。こんなに堂々と言って良い物か。


今日は「好きな家事、嫌いな家事」というタイトルで書こうと思ったのですが、

嫌いな家事しか思いつかない、、、ほんと、すみません。


まず、お料理、

悲しいことに料理上手ではないです、義務感で料理してます。料理は嫌いではないけれど、しなくて良いのならしたくないです。

でも栄養面や金銭面を考えると毎日買ってきたお惣菜というわけにはいかないし、子供達に「美味しい」って言われると嬉しいので、作ってます。


お皿洗い

お風呂掃除

トイレ掃除

洗面所掃除

洗濯


どこまでを家事って呼ぶのかと思うくらい家の中にはやることいっぱい、

最近よく「家事とも呼ばれない小さな作業の苦労を分かってー」という嘆き記事を目にしますが、

!!っっほんと、分かる。

ゴミ出し、献立、買い出し、片付け、洗濯物の仕分け、いろんな補充、、、


やらなくても良いならやりたくないですけど、生活すれば発生しちゃう作業、どの家事も溜めたらもっと大変だからやらねば~

という気持ちでやってます。


畳んだ洗濯物をタンスに戻すこと、

私、たぶんこれが一番苦手です。何ででしょうね。

畳んで仕訳けて、「戻す」の前に気力が失われるというか。

でもこれ、一機にやってしまわないと、一旦放置すると畳んだ山が崩れたりしてドンドン億劫になるので、なるべく早く片付けるようにしています。


掃除、

子供が産まれる前までは、掃除機をかける事が家事の中で一番嫌いでした。

掃除機をかけるためには床にある物をいろいろ片付けなきゃかけられないじゃないですか、

掃除機をかけ始めるまでにも時間がかかるので億劫でした。

しかし、上の子がハイハイを始めた頃に、紙パック掃除機から、一回毎に吸ったゴミをパカっと捨てられるタイプに買い替えたら、

一日でこんなにホコリが吸っているのかと衝撃を受けまして、それまでよりは掃除機をかけることが好きになりました。

一回一回、ゴミが見える満足感!達成感!

好きな家事はないと言いながらも一番を選ぶなら、私、今は掃除機をかけることが一番好きなかも!です。

掃除機を買い替えたら掃除が好きになったので、

洗濯物をタンスに戻す技術が開発されればな~


最新記事

すべて表示