【終活】こんなことで生活が回らなくなるなんて!

今日は、先日、私に怒った大惨事、大失敗話です。


7月の終わりのことでした。


私、夕方からすごく脚が痛くなりまして、なんとか夕食を作り終えたものの、食べているうちに痛みは増し、脚を腰から下に降ろしているとジワジワどんどん痛くなり、脚をどこか上に上げておくか、床を這うようにしていないと耐えられなくなっていきました。


やばい、痛くて立てない。


立ち上がると膝の上あたりとふくらはぎが猛烈に痛いので、食器を洗うのもやってられない。


これは、


これは、


まさか、




筋肉痛!!!


この日の昼間、用事があり片道20分、往復で40分の距離を自転車を漕いでちょっと出掛けてきたのですが、まさか、原因はそれ?!


うん、たぶん、それ。



はい、最近、運動不足なのは自覚しておりましたが、まさか、これしきの運動で立てなくなるほどの痛みが出るなんて。


筋肉痛がその日のうちに来るなんて、まだまだ若い~なんて嬉しく思ったりもしましたが、こんな今までに経験したことのない激痛!

日頃の運動不足を大反省。

筋肉痛 お皿を洗って

夫が家にいない時だったので、子供達がお皿を洗ってくれて、寝る前のいろいろも自分達でやってくれて何とかなりました。

が、

2人が小6と小3になっていてくれて本当に助かりました。これがもし、3年前だったり、

もう一人幼児がいたら、

もうアウト!!


生活が回らなかったと思います。




その後、湿布を貼っても、痛くて痛くて眠れず。

筋肉痛 痛くて眠れない

水分を多く取った方が良いとのことで、やたら夜中にトイレに行きたくなるも、その度に泣きたくなり。

筋肉痛 トイレに行くのも覚悟

真夜中に鎮痛剤(頭痛薬)を飲み、翌日には痛みが治まりました。


ふぅ。




コロナワクチンを打って、発熱や倦怠感が起きたらどうしようと不安に思っていたのですが、ワクチンの心配よりも

こんな、こんな、

自転車こいだ筋肉痛ごときで生活が回らなくなっちゃうなんて!!




先日、小学校のお母さん達を対象にした終活講座で

「もし自分がいなくなったらと思うと、どういう準備をしておいたら良いか。」

なんて話題になったのですが、今回、筋肉痛でふらふらになりながら強く思いました。


子供に生活力をつけること大事!!



筋肉は一生の宝物

そして、これからの自分の筋力!!

はい!!今後、リングフィット先生の言葉を胸に、筋肉を鍛えます!!




次回、我が家のお片付けの話「いらなくても私のアイデンティティ」です。

最新記事

すべて表示