【終活】家庭教育学級への思い!子育て中のお母さんにこそ知ってもらいたい!

今日は、前回ご紹介した家庭教育学級の講座で私が皆さんに伝えたいことをご紹介します。


私の講座のタイトルは、

「歳とったらどうする?」

~大切な家族の未来を考える、これから自分の親が高齢を迎える子育て世代に知ってほしい終活の知識~

をお話します。


ちょっと、分かりにくいタイトルになっちゃったなーと反省しているのですが、


内容としては、

いつまでも元気でいてほしい自分の親が“歳をとる”って想像したことはありますか?

身近な親の高齢化を考えながら“終活”って何だろう、いつから?何から?を一緒に考えてみましょう。

家族に伝えたいメッセージを考えたり、あれもこれも捨てられなくて物を溜め込んでしまう人へのお片付け練習をしたり、ワークをしながら楽しく終活を学びます。

家庭教育学級 講座

これから自分の親が歳をとっていく子育て中のお母さんと一緒に終活を考えていきたいと思っています。


終活って、高齢者がするものっていうイメージがありますが、いや、歳とってからじゃ終活ってできないんですよ!

自分の親を通して、人生の高齢期に向けて必要な事を知っておくことはとても大切だと、私は考えています。


自分の子供にまだまだ手がかかるのに遠方に住む父親が倒れたとか、母親がガンになったとか、どうする?

親が残した実家を売るにしたって、片付けて査定して、売って兄弟で分けて。結構な労力です。


元気なうちにあーしておけば良かったこうしておけば良かった、ってことが出てくるんですよね。


そして、そんな時に動かなきゃいけないのって、やっぱり女性だったりするんですよ!!(ホント、自分の経験から痛感!!)


世の中の”終活セミナー”と言うと、葬儀屋さんだったり、資産管理だったり若い世代にはとっつきにくい感じもありますが、私は子育て中のお母さん達に、是非、気軽に楽しく終活の知識を知っていてほしい!!

そんな熱い思いで、家庭教育学級の講師をやっています!!



2月15日(月)am10:40ミニ講座無料ライブ配信!!

お時間があったら、

是非、視聴してみて下さい♪



次回は、

キッチンパントリーのお片付け①~脱・なだれ宣言~」です。