【終活】母の七回忌、節目ってなんだ?


今年、母の七回忌でした。亡くなってから6年。


母がいないことに慣れてしまった。


今の正直な気持ちです。


毎日一回は母の顔を思い出すし、会いたい悲しみは消えないけれど、息ができなほどの心の穴はふさがった感じがしています。


私は何か宗教を信仰しているわけではないけれど、供養の方法に強い希望もなく、母の葬儀は仏式で、そのまま一周忌、三回忌に親族で集まり食事会をしてきました。


今年、七回忌、特別な何か変化があるわけではないけれど、母のことを想いながら叔母たちと食事をする、そんな機会があることは嬉しいことだと思っています。




毎年夏になると、母が最期の入院をした時のバタバタと、実家岡山での暑い空気を思い出します。

あぁ、6年も経ったんだ。


「お母さん」、

声に出して呼びかけたい。





先日、写真整理をしていて、私の結婚式の写真が出てきました。

見ていたら、母が泣いている写真をみつけて思わず涙が出ました。


七回忌の食事会の席でも、叔母(母の妹)の「夢におねえちゃんが出てきてね」って話を聞いていたら、たまらなく母に会いたくなって涙が止まらなくなりました。


もう大丈夫と思っていたのに、久しぶりに母が恋しくて泣きました。


節目ってホントなんだろう。


時間が流れているだけで何もないけれど、たまに涙を流す良いタイミング、良い機会なんだと思います。


次は、十三回忌。

7年後、父は86歳か、さてさてみんなどう歳を重ねているでしょうか。



次回、「大後悔している、私の反抗期」です。



↓↓お片付け、講座など↓↓

各種お問合せ・お申込みはこちらから

sumau 申し込み

↓↓公式LINEからも↓↓

お問合せ・お申込みいただけます



最新記事

すべて表示