【整理収納】樫村さんちの引っ越し②~お宝発見!~

お片付けのご依頼をいただきました、お客様の引っ越しに向けた作業を進めています。

①アイデンティティを探し出せ!

(クリックで過去記事に飛びます。)


「近々、引っ越しをするのですが荷物がいっぱいで、今4LDKから、娘と一緒に住む2LDKへ。物を減らさなくてはいけないのだけど、要る、要らないを一緒に見分けて欲しいんです。」


と、ご依頼をいただいた樫村様(仮名です)。

70代、女性、お一人暮らし。


4LDKの家から2LDKの新居へ持って行く荷物をまとめています。

前回、たくさんの荷物の中から樫村さんがこれからも大切していきたい物が少しずつ見えてきました。

今回は、寝室からリビングダイニングへ作業を進めます。


基本的には、

「これ使ってますか?使ってませんか?これからも使いませんか?

 新しい家に持って行きますか?」

と確認しながら、

これからも必要な物はまとめ、

不要な物は不要な物でまとめる。


作業していて楽しかったのは、樫村さん、すごく良い物をお持ちで、たくさんの不要な物の中から、これからも使いたいハイブランド物のカバンやポーチ、洋服が無造作に出てくる!!出てくる!!


「樫村さん!!また、お宝発見です!!」


「こんなところにあったのねー!」

「私、こんなの持ってたのねー!」

整理収納 ハワイに行きましたね

と、

このまま不要な物の中に埋もれてしまったかもしれないお宝たちを見つけるお手伝い

が、少しでもできて良かったです。

新居では、大切に思う物を大切にできる暮らしができると良いですね。



高価なものだから、ハイブランドだから残すべき物ということではありません。

今回の樫村さんは、たくさんの物が捨てられず積みあがってしまい埋もれるように生活していた中から自分の大切にしたかった物を探し出すことができました。

たまたま、

大切したい物の一部に高価な物もあったということで。


必要ないから何もかもを捨てなさいということではなくて、大切にしている思い出や経験は、その人のアイデンティティの一つ。

捨てられない気持ちも大切に。




おうちのダウンサイジングが必要な時、引っ越し、施設に入る時、生前・遺品整理をする時などなど、なかなか一人では物を減らせず行動を起こすのも難しいと思うことがあると思います。


是非、お声をおかけ下さい!

お手伝いしますよ♪



次回、樫村さんの引っ越し作業から私自身がすごく反省したこと、

樫村さんちの引越し③~実家にある私の荷物~」です。