【終活】自分の余命って知りたい?

体温のような気温、熱い夏は岡山での母の最期の入院を思い出します。

ある時点で、主治医の先生から母の余命を告げられました。


もし、自分の余命を宣告されることになったら、私は自分の余命を知りたいだろうか?

この問いへの私の答えは、日によってグラつきます。



余命を知って、最後にやりたい事して、会いたい人に会い、食べたい物を食べ心おきなく死にたい?そんな体力が残っているとは限らないけれど。


余命を知らずに、希望を持ったままで弱っていきたい?うすうす気付くのかな?



多くのエンディングノートには、自分が余命宣告をされたら知りたいか、知りたくないか、希望を書く欄があります。

自分の意思として、知りたいか知りたくないか、決めておかないと、家族に辛い選択をさせることになる。


知っておきたい、

でも、知ってしまったら愕然となるかも、知らない方が活き活き生きられるかも。


私は、その時々によってやっぱり知りたいかな、いや、やっぱり知りたくないや、と行ったり来たりしています。

終活 感謝行脚したいなんてエゴかな?

余命って何のために宣告されるんでしょうね?


もう、治ることもなく死ぬのが近いから

覚悟をしていなさいってこと?

準備しておきなさいってこと?


何の覚悟?何の準備?

本人が?家族が?


みんなで別れの準備?



次回「母の余命」に続きます。

最新記事

すべて表示