【終活】想いってこんなに変わるもの?!~マンダラエンディングノート~

私、マンダラエンディングノートファシリテーターという資格を持っております。


マンダラエンディングノート」というエンディングノートを皆さんと一緒に書き進める、進行係みたいな資格です。



マンダラエンディングノートって、

名前がね、一見、宗教っぽさを感じさせてしまうんですが、そんなことないんですよ。

ビジネスにも通ずる、マンダラ思考から作られている、すごいエンディングノートなんです!



最近、参加したワークショップでマンダラエンディングノートってすごいな!!って感じることがあったんです!

終活 マンダラエンディングノート

私が初めてマンダラエンディングノートを書いたのは、ちょうど一年前、

「マンダラエンディングノートとの出会い」


エンディングノートって、昨今、ものすごく沢山の種類があるんですよ、知ってました?

本屋さんで買ったエンディングノートを書き始めてみたものの、書けないな~と悩んでいた時でした。

マンダラエンディングノートは、終活への気持ちをスルスルと書くことのできるノートで、私、とてもビックリしたんです。


そして、何度も何度も想いをめぐらして書き込むことができるところも、このノートのすごいところ。



一番最初に一緒にノートを書いた私の先生であるオリーブさんと、改めて最初のページを書く機会が先日ありました。

※お名前クリックからオリーブさんのホームページに飛びます♪




一番最初のページ「人生の未来図」は、”自分のこれから”への想いを言葉にするページです。

全部で8つある質問のうち、

「あなたが大切にしたいものは何ですか」という質問に、一年前の私は

・自分の時間

・人生を楽しく生きる

と書いていました。

一年後の今、改めてこの質問を考えると

・家族との時間

という、一年前にはなかった言葉が出てきました。


来年、長男が中学生になってしまうという、少しさみしい思いがあったかもしれません。

下の子の前歯が抜けて小さな成長を感じたからかもしれません。

夫の働く環境が少し変わって不安だからなのかもしれません。

ゴミ屋敷の掃除依頼、父との関係が少し良好だからかもしれません。


残り少なさを感じているんだろうか、家族との時間を大切にしたい。



一年前の自分は、コロナの自粛疲れもあってやりたいことが思うようにできない、

自分の時間、自分の人生、

という焦りからか、自分!自分!ばっかりだったんだな~と気づくことができました。

(いや、今もだいたいそんなだけど)


同じ質問でも、湧いてくる答えはその都度違う!


マンダラエンディングノートは、エンディングのためだけでなく、自分と向き合うための大切な時間です。

やー、とても面白いノートだな~♪


終活 マンダラエンディングノート

◆過去記事です◆

私がエンディングノートを書いた日①

私がエンディングノートを書いた日②

私がエンディングノートを書いた日③



次回、お客様のお困りごと

猫田さんちのクローゼット①~使い方が分かりません~」です。

最新記事

すべて表示