【終活】高齢になってからヘルプって言える?

もうすぐ79歳、高齢者一人暮らしの父、1人で生活していける!大丈夫だ!と言いながら家をゴミでいっぱいにしてしまいました。


いくら娘達が騒いでも本人が自覚しないんならね、もー、わかったよ、認めましょう。

認知症になっているわけではないし、今は1人で生活していけている、と。


でもさ、もっともっと高齢で生活に困った時、

いつどうなったら、どうするの?



【実家を片付けた話】

父のゴミ屋敷①~はじまりのはじまり~

父のゴミ屋敷②~それは、さながらジャングルのよう~



小銭が溜まる、

郵便物を開封できない、

ゴミを分別・出すのが面倒、

お風呂に入るのが面倒、


生活に支障はないけれど小さな小さな億劫と老化の積み重ね、いつのタイミングで誰に「ヘルプ」と言えば良いのでしょうね。


病気?

事故?

倒れる?


本人の意思がない限り、いつか何かが起こらないと誰も助けに入れないのかな。


終活 倒れましたので今日からよろしく

私も家事は好きではないので、やらなくても良いならやりたくないけど、人にやってもらいたい訳でもないので、やります。

私、自分が高齢になっても、こう思い続けると思う。

面倒臭いけど、自分のパンツを誰かに洗ってもらうのにはやっぱり抵抗がある。


ご飯作るのが面倒、掃除をするのが面倒、だんだん手を抜きそうだよね。

やろうと思えばできるんだから!って、誰かに指摘されたら言い返す気がする。


ヘルプを出すって、ものすごく大きなハードルだと思う。

人に頼るって難しいなぁ。





歳をとるって、今まであたりまえだったことを少しずつ手放すことだと、私は感じています。

でも、自分から手放さないと、いつか不本意な形で奪われることになるのかも。


自分の最期を自分で選ぶことができたら良いのにねぇ。



次回は、

整理収納アドバイザー向け絵心がなくても大丈夫!手描き図面講座やってます!

12月、1月図面講座のお知らせです。

1cm方眼紙の使い方が好評です♪



【高齢者一人暮らしの父に思うこと 過去記事】

●やっぱり!独居老人問題!脳梗塞か?!

●老後っていつからよ?

●娘の気持ち




↓↓お片付け、講座など↓↓

各種お問合せ・お申込みはこちらから

↓↓公式LINEからも↓↓

お問合せ・お申込みいただけます